虫歯治療は早めの対応が肝心です

多くの方が経験されているであろう「虫歯」は、お口の中の虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を徐々に溶かしてしまう病気です。風邪や腹痛などと違って自然治癒することが決してないため、放置することによってどんどん悪化してしまいます。

治療は早めが肝心です。「痛い」「しみる」など、「虫歯かな?」と思う症状がある場合には、できるだけ早く足立区中央本町の歯医者『光安歯科』までご相談ください。

痛みを感じたら症状はかなり進行しています

痛みを感じたら症状はかなり進行しています

虫歯の特徴の一つに、「初期に自覚症状がない」というものがあります。つまり「痛い」と感じたときには、かなり進行している段階であると考えられます。「痛みがないときもあるし……」「まだガマンできる……」などと治療を先延ばしにしていれば、虫歯はどんどん大きくなって痛みが強くなり、治療も難しくなってしまうのです。

悪化が進むと最終的には「抜歯」という選択肢しかなくなってしまいます。大切な歯を守るために、日ごろから予防を心がけるとともに、少しでも違和感を覚えたらすぐに治療を受けましょう。

重度の虫歯には根管治療を行います

重度の虫歯には根管治療を行います

虫歯が重度にまで進行してしまうと、従来では抜歯するしかありませんでした。しかし近年では「根管(こんかん)治療」を行うことで、抜歯のリスクを軽減することができるようになりました。

根管治療とは歯の中を通る、「根管」という細い管の中から、虫歯菌に冒されて死んでしまった神経や血管を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して、薬剤をすきまなく充填するという治療です。根管は大変細かく複雑な構造になっており、とても難しい治療になりますが、この治療を確実に行うことで歯を残せる確率を高めることができます。

根管治療の流れ
STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
虫歯菌に汚染された部分を削ります。 根管内を洗浄して、きれいな状態にし根管の長さを測ります。 さらに消毒して、菌が残らないようにします。
STEP4 STEP5 STEP6
STEP4 STEP5 STEP6
すき間ができないよう、薬剤をすみずみまで充填して密封します。 症例によって、歯根に土台を入れます。 上部に被せ物を装着して、治療は完了です。

治療を勝手に中断するのは危険です

治療を勝手に中断するのは危険です

虫歯は悪化すればするほど治療が難しくなり、通院回数も多くなります。そのため、中には治療を途中でやめられてしまう方がおられます。しかし、治療の中断はとても危険なこと。最後までしっかり受け続けることが大切です。

こちらでは治療を中断しやすいタイミングと、中断することで生じる問題などをご紹介します。

タイミング1忙しいとき 治療中は口腔内環境が悪化しやすい時期です。忙しいからといって治療を中断すると悪い部分が残ったままになり、さらに悪化して、歯を失うことにつながってしまいます。
タイミング2仮歯を入れたとき 治療の途中で仮歯を入れると、ある程度咬めるようになることで、治療を中断する方がおられます。しかし、仮歯は長期的に使えるものではありません。すき間から内部に細菌が入り込みやすいために虫歯を再発させるほか、咬み合わせを乱してまわりに悪影響を与えてしまうこともあります。
タイミング3歯を失ったとき 歯を失っても痛みがない、また目立たないなどといった理由で通院をやめてしまうと、開いたスペースに隣り合う歯が倒れてきたり、咬み合う歯が伸びてきたりして咬み合わせが乱れることがあります。その結果、お口の中だけでなく全身にも悪影響が生じてしまうこともあります。

医療用マイクロスコープを使った治療

医療用マイクロスコープを使った治療

当院では根管治療をはじめ、さまざまな治療に医療用マイクロスコープを使用しています。マイクロスコープを使用することで、肉眼では確認することができない、細かな根管内などの患部を何倍にも拡大して見ることができ、精度の高い治療が行えるようになります。

かつては医師の経験と勘に頼るしかなかった根管治療も、確実に進めることができ、再発のリスクも軽減。患者さまのご負担を少なくすることができるのです。

-->

pagetop