自分に合った入れ歯をつくりましょう

入れ歯には、「ずれる」「痛い」「外れやすい」などといったマイナスイメージがつきものです。そうした使い心地の悪さは、お使いの入れ歯が「合っていない」ことが原因で起こるもの。つまり入れ歯に大切なのは、「一人ひとりのお口にしっかり合ったものをつくること」だといえます。

足立区中央本町の歯医者『光安歯科』では、患者さまごとに異なるお悩みに対応し、修理や調整、また新たな製作によって、一人ひとりに合った入れ歯をご提供します。入れ歯でお悩みなら、一度当院までご相談ください。

なぜ入れ歯は合わなくなる?

なぜ入れ歯は合わなくなる?

「入れ歯が合わない」ことの理由として考えられるのは、まず「型採りが正確にできていない」こと。ほかにも、「咬み合わせや舌の動きなどが考慮されていない」なども挙げられます。また、お口の中の状態は少しずつ変化しているため、初めは合っていたのに、だんだん合わなくなってしまった……というケースも少なくありません。

当院ではこのような理由を考慮し、事前の型採りなどをしっかりと行ったうえで入れ歯を製作するとともに、お口の変化や入れ歯自体の摩耗などに合わせて調整や修理にも対応しています。「保険の入れ歯だから合わない」ということはありませんので、お気軽にご相談ください。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯には保険適用のものと自費診療のものがあります。その違いは次の通りです。

保険入れ歯 自費入れ歯
メリット
  • 費用を抑えられる
  • 製作期間が短い(1ヶ月程度)
  • 修理がしやすい
  • 使用できる素材や様式に制限がなく、咬み心地や装着感、見た目などを追求できる
  • 耐久性が高い
デメリット
  • 床の素材はレジン(歯科用プラスチック)のみなど、制限がある
  • 自費に比べると、咬み心地や装着感、耐久性などが劣る
  • 比較的費用が高額になる
  • 製作期間が長い(2~3ヶ月かかるものもある)
  • 修理に時間がかかる

当院の取り扱い入れ歯

保険入れ歯
レジン床義歯
レジン床義歯 床部分がレジンでつくられた入れ歯です。失った歯の本数に合わせ、総入れ歯・部分入れ歯を製作します。
メリット
  • 費用を抑えられる
  • 製作期間が短い
  • 比較的、修理・調整しやすい
デメリット
  • 床が厚く、咬み心地や装着感に劣る
  • 比較的耐久性は低い
  • 食べ物の温度を伝えにくい
自費入れ歯
チタン床義歯
チタン床義歯 床部分がチタンでつくられた入れ歯です。失った歯の本数に合わせ、総入れ歯・部分入れ歯を製作します。
メリット
  • 生体親和性が高く、金属アレルギーのリスクが少ない
  • 金属床の中で、もっとも薄くて軽い
  • 耐久性が高く、汚れが付きにくい
  • 食べ物の温度を伝えやすい
デメリット
  • 金属床の中でも費用が高額になる
コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯 床部分がコバルトクロムでつくられた入れ歯です。総入れ歯・部分入れ歯を製作できます。
メリット
  • レジン床と比べ、床がかなり薄くて軽い
  • 金属床の中でももっともポピュラーで安心
  • 耐久性が高く、汚れが付きにくい
  • 食べ物の温度を伝えやすい
デメリット
  • ほかの金属床に比べると、金属アレルギーのリスクが高い
  • 自費診療のため、比較的費用が高額になる
コンフォート(シリコンデンチャー)
コンフォート(シリコンデンチャー) 歯ぐきに当たる部分がシリコンでつくられた入れ歯です。総入れ歯・部分入れ歯を製作できます。
メリット
  • 咬む力によって歯ぐきにかかる力が和らぎ、痛みを軽減できる
  • フィット感がよく外れにくい
デメリット
  • 自費診療のため、比較的費用が高額になる
  • 比較的修理が難しい
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 残った歯根と入れ歯の内側に磁石を取り付け、磁力によって固定する入れ歯です。総入れ歯・部分入れ歯を製作できます。
メリット
  • まわりの歯に負担をかけにくい
  • 耐久性が高い
  • 見た目が自然
  • ずれにくく、咬み心地がよい
デメリット
  • 神経を取った歯にしか適用できない
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 自費診療のため、比較的費用が高額になる
インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー 2~4本のインプラントを埋め込んで支台にして固定する総入れ歯です。
メリット
  • しっかり固定されるため、咬み心地がよい
  • すべての歯に対しインプラント治療を行うより、費用を抑えられる
  • 取り外せるためお手入れがしやすい
デメリット
  • インプラント1本あたりの負荷が大きい
  • アタッチメント部分は、定期的に交換が必要
  • 自費診療のため、比較的費用が高額になる
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分はピンク色のやわらかいシリコン素材でつくられています。
メリット
  • バネがないため目立ちにくい
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 歯ぐき部分に弾性があり、痛みが出にくい
デメリット
  • 時間の経過により変色することがある
  • 激しい温度変化に弱い
  • 食べ物の温度を伝えにくい
  • 自費診療のため、比較的費用が高額になる

入れ歯は毎日のお手入れが大切です。

入れ歯は毎日のお手入れが大切です。

入れ歯を長くよい状態で使うためには、毎日きちんとお手入れすることが大切です。入れ歯専用のブラシと洗浄剤を用いて、歯科医院で教わった方法で正しくお手入れしましょう。

入れ歯は天然歯より柔らかい場合が多いため、歯ブラシや一般の歯磨き粉で磨くと、含まれている研磨剤によって表面に細かな傷がついてしまうことがあります。その傷に細菌などが棲みついてしまえば、お口の環境は悪化してしまいます。毎日正しい方法で、管理するようにしましょう。

ブリッジ治療

ブリッジ治療

1本~数本の歯を失った場合に、隣り合う健康な歯を削って支台にして、連なった人工歯を橋のように架けるブリッジ治療。部分入れ歯のようなバネもないため見た目も比較的自然なうえ、しっかり固定されて咬みやすいといったメリットがあります。

またその反面、健康な歯を削る必要があるというデメリットもあります。治療を選択する際には、こういったメリット・デメリットの両方をしっかりふまえ、十分にご相談を重ねて決定していきましょう。

pagetop