インプラントで、自然な咬み心地と見た目を取り戻しましょう

歯を失ったときの治療として、近年入れ歯に迫る勢いで急速にシェアを広げているのがインプラント治療です。失った歯の機能を回復させ、自然な咬み心地と見た目を得られる治療として、大きな注目を集めています。

足立区中央本町の歯医者『光安歯科』では、精密な診断を元に、安全なインプラント治療をご提供します。インプラント治療については当院までご相談ください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に、生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復させる治療です。インプラントと顎の骨がしっかりと結合し、天然歯と変わらない感覚で咬めるようになるうえ、人工歯はセラミックでつくられるため、見た目もとても美しいのが特徴です。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 自然な咬み心地と見た目が手に入る
  • 適切なメインテナンスを行えば、長期的に使い続けることができる
  • 失った歯の本数が多くても治療が可能
  • 治療期間が長くかかる
  • 外科手術が必要なため、負担が大きい
  • 比較的費用が高額になる
  • 定期的なメインテナンスが必要

顎の骨が少ないときには~GBR法~

顎の骨が少ないときには~GBR法~

インプラント治療を行うには、顎の骨にインプラントを埋め込むために十分な骨量が必要になります。歯周病の悪化などによって顎の骨が少なくなっていれば、通常インプラント治療は難しくなりますが、当院では顎の骨を再生させる治療「GBR」を行うことで、インプラント治療を可能にすることができます。

「GBR」とは、顎の骨を再生させたい部分にメンブレンという特殊な膜を入れてスペースを確保し、そこへ骨補てん剤や自家骨を入れて再生を促す治療です。インプラントを埋め込む前に行う場合と、埋め込む際に同時に行う場合があります。

インプラントを入れ歯治療に応用~インプラントオーバーデンチャー~

インプラントを入れ歯治療に応用~インプラントオーバーデンチャー~

インプラント治療は、「インプラントオーバーデンチャー」として入れ歯治療にも応用されています。これはすべての歯を失った際に行うもので、2~4本のインプラントを顎の骨に埋め込み、それを支台にして総入れ歯を固定する治療です。

しっかりと入れ歯が固定されるため、ずれやもたつきがなくなってしっかり咬めるようになるうえ、取り外しができるためお手入れもしやすいのがポイントです。またすべての歯にインプラント治療を行うよりも費用を軽減できるというメリットもあります。今お使いの入れ歯に不満がある方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

pagetop